Column

お悩み解決

2023.10.19

たった3つのポイントで痛くないパンプス選びができる

たった3つのポイントで痛くないパンプス選びができる

この1足あれば安心してどこへでも行けちゃう!

イベント、お仕事、プライベートと色々忙しい中ですべてを網羅するパンプスをご紹介いたします!

全ての共通点は長時間履くと足が「痛い!」「疲れる!」すべてのパンプスに共通する事!

痛くなるには理由があります!その理由を理解してパンプス選びをすると、痛さと”さよなら”できます

ポイントはたった3つ!

痛くならないパンプス選びのpoint1.サイズはきちんとあった物を選ぶ!

そんなの「当たり前」と思っている方が多いと思いますが・・・実はサイズを勘違いされている方は多いんです。

1.カカトが少し空いているサイズはNG×(指が入るとNG)ピッタリがOK

かかとに隙間があるとパカパカして脱げてしまいます。また、前滑りしやすくつま先が痛くなる可能性もあります。

注:幅広さん、甲高さんはワンサイズ上げて調整パットを前に敷くのもOKです。あまりぴったりだと幅、甲が痛くなる可能があります。

 

痛くならないパンプス選びのpoint2.足裏をサポートしてくれる中敷きを選ぶ!

中敷が靴の心臓部と言っても過言ではない!

中敷が疲れやすさ、痛さを軽減してくれます。ふわっとした中敷きが足裏を包み込んでくれます

1.前滑り防止クッション!

前滑りが原因でつま先が痛くなる方が多いと思います。前滑りストッパーが大事!

前側のクッションがもっこりしていて前滑りを防止してくれます

2.土踏まずのアーチをサポート!

足が疲れるのは土踏まずのアーチが時間の経過で疲れて下がってきてしまうのが原因。土踏まずのアーチを支えて疲れにくくしてくれます

土踏まずのクッションがもっこりしてアーチをサポートしてくれます

 

痛くならないパンプス選びのpoint3.足に優しい素材を選ぶ!

足全体を包んでいるのが素材!その素材が硬いと足も痛くなりますよね・・・

足当たりが柔らかく、優しい素材を選ぶと足を痛めないです

1.やわらかい合成皮革・内側のやわらかいクッション

合成皮革の中でも少しやわらかめの合成皮革を使っているので屈曲がしやすい

内側のクッションが柔らかいので足当たりが優しいく痛くなりにくい

素材が馴染みやすいから履けば履くほど馴染んでくれる

この3つのポイントを押さえてパンプス選びをするといつもの痛さが軽減されると思います。

その3つのポイントを網羅しているのがこちらの商品!

かるソフトラウンドトゥ5センチヒールパンプス 8,980円(税込)

詳しくはクリック(商品ページに詳しく紹介しております)

足にストレスなく色々なイベント、毎日使いにピッタリな1足

ぜひ一度ご覧ください

記事一覧ページに戻る