Column

お悩み解決

2022.09.27

初めてのパンプス選び

就活や冠婚葬祭などで初めてのパンプスを購入する方
いつもローシューズ、スニーカーばかりでパンプスを履いた事のない方

後悔しないパンプス選びをご紹介いたします。

パンプスのイメージは「痛くなる」「疲れやすい」などマイナスイメージを持たれている方がほどんど・・・
選び方を間違わなければそんなお悩みも解決できます。

パンプスの選び方

初めてのパンプス選び①サイズ選び



足に合ったサイズを選ばないと、見た目も悪く、靴擦れや外反母趾になる原因になります。
姿勢も悪く見えよいことがありません・・・

サイズが小さいとつま先が曲がったり、
甲が食い込んだり・・・
逆にサイズが大きいと踵がパカパカして脱げてしまいます。

パンプスのサイズは普段履いているスニーカーとは違っていたり
靴によってサイズが違ってくることもあります。
初めてのパンプスを購入する際は自分のサイズをしっかり確認してから購入しましょう。

・足の測り方



・足囲の測り方

▲サイズ確認は画面をクリックしてください

初めてのパンプス選び②つま先の形から選ぶ



ラウンドトゥ
つま先が丸く柔らかい雰囲気が特徴
つま先が丸いので痛くなりにくいタイプ
どんなシーンでも合わせやすく万能なつま先


スクエアトゥ
つま先が四角くきっちりした雰囲気が特徴
つま先にゆとりがあるので窮屈感が少ないタイプ
オフィスやきっちりした場面でピッタリなつま先


ポインテッドトゥだとつま先が狭く幅も少し窮屈を感じやすく
慣れてない方は足が痛くなる可能性があります。

初めてのパンプス選び③ヒールの高さで選ぶ

●3センチヒール

普段ヒールを履かない人もまずは3センチからだと挑戦しやすい
少しカジュアルに仕上がるタイプですが、
オフィスでもプライベートでも履ける

●5センチヒール

5センチヒールは少し高いかも・・・と思われた方必見!
NEUTRALでは体感マイナス2センチを目指しているので
まるで3センチヒールの体感。
その秘密は底のスタブライザーと中敷きクッションに秘密があります。
見た目はきれいめカジュアルにもなる5センチヒール

④クッション性で選ぶ


靴は全体重を支えるもの
ニュートラルが大事にしていることのひとつ。
それが中敷クッション
履いた瞬間の気持ちよさはもちろん、
土踏まずのサポートで長く履いても疲れにくく
まるでスニーカーのカップインソールのような
衝撃吸収性も兼ね備えています。

⑤かかとクッションで選ぶ


かかとにクッションが無いと靴擦れの原因に・・・
NEUTRALではかかとにクッションがあるので
足をホールドしてくれて摩擦をなくしてくれます

初めてのパンプス選び④ラバーで選ぶ

歩くことを考えて

靴底の素材には軽くて滑りにくい特殊なラバー素材を使用しています。
※すべての路面に対して滑りにくいわけではありません。
※ヒール部分はラバー素材ではありません。

初めてのパンプス選び⑤綺麗な姿勢を保てるパンプスを選ぶ

足の動きと一体化

靴底に設けた3本の溝によって歩くときの足の動きに合わせて
しなやかに曲がってくれるのでより美しい歩き姿へと導いてくれます。

★商品紹介

▼3センチヒールパンプス▼

毎日、楽に履ける
通勤でも休日でも華奢な足元で大人女性らしさを醸しだす。

商品:かるソフトポインテッドトゥ3センチヒールパンプス

▼5センチヒールパンプス▼

癖のないシルエット
普段履きはもちろん、仕事でもフォーマルでも
大活躍間違えなしのシンプルデザイン。

商品:かるソフトラウンドトゥ5センチヒールパンプス

▼7センチヒールパンプス▼

美脚が叶う7センチ
体感マイナス5センチなので履いた感覚は5センチヒール
7センチヒールはハードルが高いかも・・・と思っていても意外と履けちゃう7センチ。

商品:ハーフクロコ7センチヒールパンプス

記事一覧ページに戻る